今後、新規就農者支援者に期待すること。

TPPにより関税の枠が大きく変わったことにより、世界からありとあらゆる食品が日本のスーパーに並ぶようになりました。安い価格に数多くの商品、足りない食材、調味料は無いといっていいほど、食種は豊富でますます便利な世の中になりました。以前、スーパーに行った時のこと、らっきょが国産と輸入物では200円の差があったことに驚きました。日本人だから国内産の物を使って食べたいと思う反面、価格の安さに輸入物を購入しました。内心は国産、経済的には輸入物。そんな心理は誰にでもあると思うのです。これからますます良質な海外産が増えていくことでしょうが品質なら国産だって負けてはいないはずですよね!?日本が誇れるのは質だと思っています。今後、新規就農者支援らが日本の職を支えることでしょうが、その方々一人ひとりの手でジャパンブランドを世界へ発信してほしいと思っています。価格が高くても何かおめでたい時は日本産を使って食卓を囲みたい一消費者からの願いでした。

若者のために新規就農者支援を行います。

農業は経営力が身につきます。若者には自立心を養ってもらいたいものです。そのためにも政府は新規就農者支援を行っています。45歳以下でしたら参加が可能になります。自分の能力がどこまであるのか確認してみるとおもしろいかもしれません。そのようにまずは興味を持つことからはじめていきましょう。栽培は自然の力で生まれます。その仕組みを自身の肌で実感してみましょう。現場体験というものがあれば参加してみたいものです。自分なりの栽培方法が身につけば好きになっていきます。広大な敷地があなたの職場になります。自然に囲まれながら事業が展開されていきます。収入のほうも安定しますので暮らしが豊かになります。家族ができれば一体化させましょう。切り開いていくことで今後の道が定まるものです。支援を受ける過程でそのようなことを学んでください。

広がりをみせる新規就農者支援。

若者の中で、原点回帰ともいうべき、農業への見直しが高まっています。農業というと、休みがない、低収入、おしゃれじゃないなど、いわゆるないない尽くしで、高度経済成長の中においては避けられる職業のひとつだったと言っても過言ではないでしょう。それが、今、食への不安が増すなか、本当においしいものにはお金を払う人が増えてきたこともあり、農業への再評価がされています。しかしながら、ただ単にかつてのおじいちゃん、おばあちゃんが営んでいた薄利多売の農業ではなく、「付加価値」を存分につけて農業を行う、戦略的な農業がスタートしています。もちろん、作物を育てるというノウハウは、ベテランの農家の方から習うべきところは多々あるでしょう。新規就農者支援事業として、補助金をだす自治体も少なくありません。こうしたことを利活用しながら、新たな農業の道が開拓されていくのです。

A nice revamping of Sandbox theme for Wordpress by code reduction