カーペットの防音効果はどれくらいあるのか

カーペットは、床に敷くためのもので、布や糸で出来たものです。その種類はさまざまで表面が毛深いものは絨毯と呼ばれます。また形も一枚の敷物からブロック状にしたものまでさまざまです。多くはその触り心地から敷かれるものですが、防音性を期待して敷く人も多くいます。特に賃貸物件では下の階に対して生活音を配慮しなければなりませんが、どうしても足音などが響いてしまう場合があります。そのさいに防音性のあるものを敷くことで足音を消すことができますし、物を落とした場合の音も大幅に軽減できるといったメリットがあります。ただし防音性を期待するのであれば防音効果のあるものを購入することがポイントになります。またブロック状のものであれば汚れた場合などそこだけ交換すれば良いといったメリットもあります。

カーペットを敷くメリットについて

一般的に家庭で使われる床はフローリングか、和室であれば畳といったものになります。しかし、それらの選択肢にプラスして後から設置することができるのがカーペットです。カーペットは、いわゆる敷物の一種ですが、絨毯などもカーペットの一種といえます。布で出来ており、表面に一定の弾力が出るように工夫されています。メリットとしては踏んださいの感覚が柔らかであるという点や、温かみがあるといったことなどです。このためじかに座ることができます。またフローリングでは傷が付きやすいですが、カーペットを敷くことでフローリングを保護するといったメリットがあります。一方でデメリットは床一面に敷くため一度設置すると家具などが置きにくく、また水分のある汚れに対しては、掃除が難しいといったことがあります。

得られる防音効果はカーペットによって異なる

カーペットを敷く理由はさまざまですが、その中でもメリットがあるものとしては防音効果です。直接、フローリングを歩くのと異なり、カーペットがクッションの役目をするため音が床に伝わりにくく、その結果足音や物を落とした音などが軽減できます。一方で防音効果はカーペットによって異なってきます。防音効果は厚みがあればあるほど効果が高まりますし、素材によっても変わってきます。古いカーペットでも十分な厚みがあれば防音効果は期待できますが、近年は防音を目的としたカーペットも登場しており一般のカーペットとは区別されます。防音効果のあるカーペットでは裏面にマットやウレタンなどを施すことによって、通常のカーペットと比べて衝撃を吸収しやすく、その結果、音がフローリングに伝わりにくくなります。このため日常生活での足音ではほとんど音を伝えることがありませんし、走ったり物を落とした音も大幅に軽減できます。